LINEで送る

※今はじっくり見る時間がない方は、LINEにこの情報を送っておきましょう!
ボタンをタップするだけで、LINEにURLを送信できます♪

【今流行のプチプラ】シミ取り化粧品を揃えても大丈夫?!

画像1

シミ取り化粧品となれば、刺激の強い成分(ハイドロキノンやレチノール)が配合されていることでしょう。配合量は少ないものの、体質に合わなければ副作用を起こしてしまうことも。肌質や代謝能力は人それぞれ違うので、効果を感じられない人と、少しの量でも反応する人とに分かれるのです。

リスクはあるものの、シミが増えるのを予防したり美白効果が期待できるシミ取り化粧品。どんなリスクがあるのかは知っておきたいですよね。

■肌のバリア機能がこわれる

画像2

安くても効果を出すために有害な成分が隠れている可能性があります。美白成分を肌の奥まで浸透させるにはバリア機能をこわさなければなりません。そのために浸透剤として合成界面活性剤が使われることも。成分はしっかりチェックしたいですよね。プチプラでも界面活性剤フリーの低刺激なものはたくさんありますよ。

バリア機能がこわれてしまうと、肌が本来もっている「紫外線を防御する力」がなくなってしまうのですね。肌が弱っているときに紫外線対策を怠ると、さまざまな肌トラブルの原因となってしまいます。

■過度な使用は厳禁

画像3

過度な使用により細胞までダメージを受け、色素をつくることができなくなり、肌に色むらができてしまうことも。まれなケースではありますが、狂ったようにシミ取りや美白に一生懸命になる人もいるのですね。神経質になりすぎないことも大事です。

■予防的な意味で使うのもあり

画像4

もともと美白成分は肌への負担が大きいです。効果を求めるあまり大量に用いたり、必要以上に吸収を促したりというようなことをしてはいけません。間違った使い方をすることでトラブルが起こるケースが多いです。

あくまで化粧品。化粧品に過度な期待をせず、新しいシミを作らないために予防的な意味で使うのもありでしょう。

■一緒に配合される保湿成分をチェックしよう

画像5

シミ取り化粧品は肌が乾燥するような商品もあれば、きちんと肌を潤わせてくれる商品もあります。効果ばかりを求めて商品を選んでしまうと、物凄く乾燥する商品にあたってしまう可能性も。

乾燥や肌トラブルを招かないためにも、一緒に配合される保湿成分をチェックしましょう。

■まとめ

シミ取り化粧品は値段に関係なく正しく使えば効果が期待できるもの。
自分に合った化粧品を選び、リスクや危険性を知った上で正しく使用できるといいですね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ