LINEで送る

※今はじっくり見る時間がない方は、LINEにこの情報を送っておきましょう!
ボタンをタップするだけで、LINEにURLを送信できます♪

ハイドロキノン【市販やドラッグストアでも手に入るの?】

画像1

ハイドロキノン配合化粧品は案外身近に溢れているもの。誰もが知っているような化粧品にも配合されていることが多いですよ。市販のシミや美白用アイテムの成分表記をチェックしてみてください。色んな発見があって面白いですよ。

なかなか手が出せなかった人も、「ハイドロキノン」は身近なものだと知れば、抵抗が少し減りますよね。

ハイドロキノン配合化粧品は身近にある

画像2

濃度が高いハイドロキノンそのものはドラッグストアに置いていませんが、「ハイドロキノンが配合されている化粧品」はドラッグストアでも手に入ります。

濃度が低いものがほとんどですが、試しに使う分にはちょうどいいのではないでしょうか。どの商品も、まずはパッチテストをすることをおすすめします。

ネット通販で購入する人も多い

画像3

ネットでは高濃度のハイドロキノンクリームが販売されています。処方箋なしで買える化粧品だと、ハイドロキノンの配合は4%までと定められているのですが、ネットで探すと「4%配合」を売りにしている商品がたくさんありますよ。

皮膚科などで処方されるハイドロキノンは5%以上のものです。副作用を考慮したときに、配合量5%未満が安全の目安とされていることもあり、効果を期待して高濃度のハイドロキノンクリームをネットで購入するのでしょう。

どれを選べばいい?

画像4

初心者の場合は、国内メーカーでフォロー体制がしっかりしているものを選びましょう。

ドラッグストアで販売されているもののほとんどは国内ブランドのものでしょう。ネットで探すと海外ブランドのものも出てきますが、濃度も高めなのでいきなり使うにはハードルが高いように思います。

用法容量をしっかり守る

画像5

ハイドロキノンは刺激が強いため、扱い方にはとくに注意しましょう。しっかり効果を出したい場合は、用法容量をしっかり守ることが大切です。自己流で使用しないように。

部分的に塗るアイテムなのか、顔全体に塗るアイテムなのか、化粧品によって塗り方が違うので各メーカーの指定を守りましょう。使い方を間違えないよう注意です。

まとめ

即効性はありませんが、使い続けることでハイドロキノンの効果を実感している人はたくさんいます。抵抗を示す人も多いですが、「ドラッグストアで買った化粧品の成分表記を見たらハイドロキノンが配合されていた」、なんてことも。

知らないうちにあなたもハイドロキノン配合化粧品を使っているかもしれませんよ。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ