LINEで送る

※今はじっくり見る時間がない方は、LINEにこの情報を送っておきましょう!
ボタンをタップするだけで、LINEにURLを送信できます♪

シミ取り【市販されている化粧品でも取れるの?】

画像1

最も多くの人が悩んでいるシミは、老化と紫外線の影響で出てくるシミ。このシミを化粧品だけで完全に取ることはできません。そもそも、シミが消える化粧品は存在しません。「シミが消えた」という人もいますが、それは炎症によって色素沈着になったものが治ったのでしょう。

多くの人が悩んでいるシミ(老化と紫外線の影響で出てくるシミ)は、レーザー治療をしない限り消えてくれないもの。しかし、自分に合った化粧品選び、根気よくケアを続けることで、コンシーラーで隠せる程度に薄くすることは可能です。

市販されているシミ取り化粧品の効果についてまとめてみました。

■予防美白になる

画像2

シミ取り化粧品は美白効果も高いです。紫外線から肌を守ったり、メラニンの生成を抑えながら肌の生まれ変わりをサポートしたり。肌がワントーン明るくなれば、シミやくすみが目立ちにくくなりますよ。

■目立たない程度にすることは可能

画像3

シミ取り化粧品を根気よく続け、目立たない程度にすることは可能ですが、シミが消える、なんてことはありません。シミが薄くなるのに何年もかかる場合も。シミをセルフケアするのは長期戦なのですね。

「シミが消える!」なんて大げさな広告を出しているところも多いので注意です。市販の化粧品に過度な期待をしないようにしましょう。炎症などの傷跡は治りますが、多くの人が悩んでいるようなシミは消えません。

■ソバカスにはあまり効果がない

画像4

シミ取り化粧品はソバカスにはあまり効果がありません。ソバカスは遺伝的なものなので、セルフケアで薄くしたりなくしたりすることはできないのですね。レーザーで取ったとしても、再発する可能性が高いです。

紫外線により濃くなったり増えたりしますから、紫外線対策がかなり重要になります。

■新たなシミができるのを予防できる

画像5

シミの原因はメラニン色素が増えすぎてしまうこと。メラニンができても、角質と一緒に外に排出されれば問題ありません。シミに有効とされる成分が、メラニンの排除をサポートするので、新たなシミができるのを予防することができます。

■まとめ

市販されている化粧品でシミが取れるのであれば嬉しいですが、取れないのが現実です。シミ取りレーザーが注目を集めている理由を考えれば、「化粧品でシミを取ることができない」ということにもたどり着きますよね。

レーザーは効果が高いですがその分リスクも高いもの。リスクを避け、化粧品を使ってシミを目立たない程度に薄くすることを目標にしてみてもよいですね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ