LINEで送る

※今はじっくり見る時間がない方は、LINEにこの情報を送っておきましょう!
ボタンをタップするだけで、LINEにURLを送信できます♪

シミ取り男性化粧品の選び方ポイントはコレだ!

画像1

「シミ」にも改善しやすいものから化粧品だけでは改善できないものまでさまざまです。

昔からある濃いシミを化粧品だけで完全に消すのは難しいですが、セルフケアで目立たないようにすることは可能でしょう。頬や目の周りにできやすい老化によるシミはとくに手強いです。

ニキビ跡など、炎症によってできた色素沈着などは改善できます。まずは自分のシミはどのタイプのものなのかを把握しましょう。

■美白有効成分が入っているもの

画像2

今あるシミを薄くしたいのであれば、「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」という成分が配合されているものがおすすめ。ハイドロキノンは濃度が高いほど効果が期待できますが、その分刺激が強くなります。

美白有効成分にも色んなものがあります。成分を見分けるのが難しい場合は、美白用のアイテムの中から薬用(医薬部外品)のものを選ぶようにするとよいでしょう。いずれかの美白有効成分が配合されていますよ。「薬用美白」なんて記載されていたりしますよね。

■自分の肌質に合ったもの

画像3

頑固なシミではなく、炎症によってできた色素沈着などに、刺激の強いハイドロキノンを塗ると逆効果となってしまうこともありますから注意しましょう。肌が敏感になっている部分に塗ると、赤みを伴う炎症を起こしやすいです。

もともと肌が弱い人はとくに注意して化粧品を選ぶ必要があります。

■クリームか美容液のもの

画像4

シミに効果的な成分、「ハイドロキノン」や「レチノール」はクリームや美容液に配合されていることが多いです。化粧水よりも、クリームや美容液のほうが肌にとどまる時間が長いため、効果を発揮しやすいのですね。

■続けられる価格のもの

画像5

何よりも継続することが大事です。シミには根気強いケアが必要なので、せっかく効果がではじめたサイクルを途中で中断してしまうのはもったいないですよね。

シミ対策化粧品は、続けることで効果を発揮するもの。そのためには続けられる価格の化粧品を選ばなければなりません。高級な化粧品を1度だけ使うよりも、手を出しやすい価格の化粧品を続けるほうが効果的なのです。

■まとめ

ケアだけではなく、これ以上悪化させないよう予防することも大切です。日焼け止めを塗ったり、生活習慣を見直したり。新たなシミができるのも防ぎたいですよね。小さな積み重ねを続けていくうちに、少しずつ改善されるものですから、気長にケアしていきましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ